コラーゲンの効果は?美肌とバストアップに有効な理由について

コラーゲンアイキャッチ

女性がスキンケアをするうえで、摂りいれたい成分No1といってもいいほど美肌への効果が高いと言われているのが「コラーゲン

「コラーゲン=美肌」は、もはや常識すぎて理由なんて考えたこともなかったのでは?

もっとコラーゲンのことを知って効率よく摂り入れる事ができれば、美肌だけじゃないバストの変化にも期待ができるんです!

コラーゲンのせいで胸が張る・・・。という経験をした事がある方もいらっしゃるのでは?

美肌と育乳のためになぜコラーゲンを摂った方がいいのか、詳しくご紹介したいと思います。

コラーゲンとは?なぜ美容に効果がある?

コラーゲンとは

最近では美容成分の代名詞ともなっているのがコラーゲン!

基礎化粧品やコスメはもちろん、食品や飲み物のパッケージでも「コラーゲン入り」をよく目にしますよね。

実は、コラーゲン=たんぱく質の一種です。

私たちの体にもともと存在している数種類のたんぱく質の中で、3分の1の割合を占めているのがコラーゲンなんです。

それだけヒトの体を構成するのに欠かせない成分がコラーゲン。臓器や骨、髪や皮膚などの細胞同士をつなぐ重要な役割なんです。

この接着剤のようなコラーゲンが、組織に適度な水分を保ち、細胞を活性化させてくれるおかげで、体がスムーズに動いたり髪や肌に潤いを与えてくれます。

香奈
男性も女性も関係なく、コラーゲンは人が生活する上で無くてはならない成分と言えるんですね!

美容面でいえば、コラーゲンが十分に満たされている状態のお肌は常に潤っていてハリが出る状態になるんです。

乾燥のよる小ジワや肌のたるみとは無縁で、ぷるんと弾むようなお肌です。

これは、水分と弾力性の源であるコラーゲンがお肌に行き渡っている証拠

このコラーゲン量をずっと維持できれば、女性のお肌はいつまでも若々しくハリのある状態でいられる!というわけなんです。

ミヤコ
コラーゲンはまさしく保湿に重要な成分!積極的に摂取してぷるぷるのお肌を維持したい・・・!

コラーゲンが育乳・バストケアにも有効な理由について

バストケアにコラーゲンが有効な理由

美肌に効果のあることで知られるコラーゲンが、実はバストにとっても良いというのはご存じですか?

コラーゲンを上手に活用すれば、美肌だけでなくバストアップにも期待ができるので参考にしてくださいね♪

バストを支えるクーパー靭帯をケアして、バストの形をキレイにする働きが!

コラーゲンの効果でバストが上向きに

あまり聞きなれないクーパー靭帯という組織。

バストの土台である大胸筋と乳腺をつなぐ繊維束で、いわばバストの命綱のようなもの。

通常、靭帯が伸縮することはなく、激しい運動を続けたりバストケアを怠った場合、伸びたり最悪切れてしまうこともあるんです。

香奈
就寝中にノーブラで寝たり、普段合わないブラを着けたりしている人は注意!

年齢を重ねても、上向きのバストを保つためのケアとして、クーパー靭帯を守ることが重要になってきます。

クーパー靭帯自体がコラーゲンで組織されており、加齢による衰えと共にクーパー靭帯も衰えてしまいます。

そんなコラーゲンをバストに届けることで、靭帯の繊維にハリが生まれて、バストの下垂れを予防・改善することができるんです。

コラーゲンの働きで弾力のある、ピンと上を向いたバストの形を目指しましょう♪

バストにハリとツヤをもたらして、弾力あるバストに!

コラーゲンでバストにハリツヤが

年齢とともに変化していくバストは、カタチが変わってしまったり、表面の皮膚にハリが無くシワができたりして、萎んだように見えてしまうことってありますよね。

これは卒乳後のママさんにも深刻な問題です。

コラーゲンはバストにハリと弾力を与えることで、萎んだ皮膚が顔の表面のようにぷるんと弾んでふっくらしたバストを取り戻すことが期待できます。

コラーゲンの経口摂取や塗る事による保湿効果は、実験でも証明されているんです。

20 代の健康な女性において、コラーゲン摂取は皮膚の保湿度を増加させた。
引用元:コラーゲン経口摂取が結合組織(骨、皮膚)におよぼす作用

コラーゲンを含むバストアップクリームやサプリメントなどを使ってあげると、しっとりとしたバストを維持する事ができます!

ミヤコ
冬場は乾燥のせいでバストとブラが擦れて、肌がボロボロになることも・・・。露出の少ない冬場だからこそ、バストケアを怠らないで!

冬こそバストアップの季節!おすすめなバストケア方法について

2018.09.07

コラーゲンを多く含んでいる食材は?

コラーゲンを含む食材

もともと私たちの体に多く存在しているものの、美容のために食事からも摂りいれたい!という人も多いはず。

食事からコラーゲンを多く摂りいれるには、どんな食材を選べばいいのでしょうか?

香奈
冬になると透明のプルプルした玉をお鍋に投入するコラーゲン鍋なんてのも流行りましたよね(笑)

また、フカヒレやすっぽんなどもコラーゲンが多く含まれる食材として知られています。

とは言っても、鍋もフカヒレも毎日食べるわけにもいきませんし、すっぽんなんて一生お目にかかれない可能性も。

もっと身近な食材でもコラーゲンを摂りいれることができますよ♪

コラーゲンを含む動物性食品

  • 鶏肉(皮や軟骨)
  • 豚肉(スペアリブやこま切れ)
  • 牛肉(スジ)
コラーゲンを含む海洋性食品

  • 海老
  • カレイ
  • くらげ
  • うなぎ
コラーゲンを含むその他の食物

  • ゼラチン
  • ゼリー
  • プリン
  • 杏仁豆腐
  • マシュマロ
香奈
こんな風に、身近に知られる食材からコラーゲンは摂取する事ができるんです!

ただ注意しておきたいのは、コラーゲンが含まれる食材をたくさん食べたからと言って、その成分がそのままお肌に届くわけではないということ!

食事で摂りいれたコラーゲンは、一度体内に吸収できるサイズに分解され、アミノ酸として小腸から吸収されます。

その後、血液にのって運ばれ、必要な場所で再びコラーゲンとして生まれ変わります。

つまり、食品から摂りいれたコラーゲンは、カラダの中で新しいコラーゲンを作る“もと”なので、より効率よく吸収するためにはいくつかのポイントを押さえておく必要があるんです。

コラーゲンを効率的に摂取するには?実はその摂り方はNGかも!?

コラーゲンを効率的に摂取するには

いくら頑張って食べても、摂り方次第では効果が半減したり、無駄になってしまうこともあるんです。

コラーゲンは、以下のような成分と同時に摂りいれることで、効率よく体に吸収されて美肌への近道も期待できちゃいます。

ビタミンC

コラーゲンを効率的に摂取していく上で必要なのがビタミンCです。

ビタミンCはコラーゲンの再合成をサポートしてくれる働きがあります。

エラスチン

エラスチンは、コラーゲン同士を結びつけてゴムのように伸縮性のある性質を持つ成分!

一緒に摂りいれることでコラーゲンの活躍量もUPします。サプリメントで手軽に摂取することができます。

良質なたんぱく質

体内でコラーゲンを再合成を促すには、魚や卵などの良質なたんぱく質を補うことも重要です。

アミノ酸

酵素のサポートを受け、体内でコラーゲンに変化します。
食品やサプリで同時に摂取すれば体内での生成量が増加します。

このように、コラーゲンを含む食品ばかりを偏って摂っても効果は薄く、体内で新たなコラーゲンとしてお肌に届けるためには、他の成分と合わせて摂りいれることが効率的なんです。

コラーゲンを作り出すためには、コラーゲンを含む食材を摂る事も大切ですが、バランスの良い食事を心がける事がもっと重要!

サプリメントを有効活用するのもおすすめですが、なるべく偏らないように摂取してくださいね。

また、コラーゲンを多く含む食品は、比較的高カロリーでもあるので、栄養バランスにも十分注意しましょう。

香奈
コラーゲンを含むオススメバストアップクリームイチオシはポンピン!

コラーゲンと育乳の関係についてまとめ

コラーゲンと育乳についてまとめ

美容効果の高い成分コラーゲンについてご紹介しました。

コラーゲンは、体内で作り出すことができる成分ですが、20歳頃をピークとして、35歳ごろから徐々に減少していきます。

そのため、食事やサプリメントを使って補うことが大切です。

また、コラーゲンを上手に摂取することで、美肌だけでなくバストアップ効果も期待できます。

なるべく吸収の良い食品やサプリメントで効率よくコラーゲンを摂りいれてくださいね。

コラーゲンアイキャッチ

バストのお悩み診断はコチラ

診断ページバナー

育乳ブラランキングバナー

バストアップクリームランキングバナー

バストアップサプリランキングバナー

ABOUTこの記事をかいた人

10年前体重73kgなのにAカップというコンプレックスだらけのボディを克服。2018年現在52kgまで落としながらも、3カップのバストアップに成功。 バストの形をキープするために育乳ブラをずっと愛用してます! わたし自身の経験をもとに、育乳ブラの大切さを紹介していきたいと思います。